エステサロンでできること

治療ではなく改善

エステサロンは美容を目的としており、医療行為を行う場所ではありません。
これは医療従事者、あるいはマッサージ師のように、治療を目的として施術するには国家資格を必要とするからです。
例を挙げれば、ニキビで悩む方に対して化膿してしまっているお肌を治療することはできません。
エステサロンでできるのは、お肌のコンディションを整えニキビができにくいお肌に改善を促していくということだけです。
ただし、医療機関(クリニック)を併設し、医師の監修を受けた化粧品や医療機器を使った施術をする「メディカルエステティック」も存在します。
医師から指導を受けたスタッフが、医学的に適切な方法でケアを行ってくれます。
一般的なエステサロンでは行えない医療用レーザーを用いた脱毛や、ケミカルピーリングなどを行うことができますが、医療行為は行えません。

エステサロンでしかできないことは?

エステサロンでは医療行為は行えません。
このことだけに注目してしまうと、制限が多い様に感じられます。
確かに、治療でなく改善止まりであることは否めませんが、だからこそ、世界中で様々な民間療法も取り入れ、よりよいコンディションに整えるためのメソッドが開発されているのです。
ある意味、医療では追究されることが無い分野へも幅広く研究の範囲を広げることができるのです。
治療でなかなか効果が出なかった肌トラブルに対して、改善の糸口を見つけることができる事もあるようです。
また、エステサロンで行っている施術には、リラックスして受けることが効果を高める場合もあります。
そのため、サロンの雰囲気なども、リラックスできる環境になるよう配慮されているところも多いです。
エステサロンに足を運ぶことは、リラクゼーションの効果も期待している方もいらっしゃるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る